スーパーメトロイド TA 自己ベスト置き場

えこ◆FTP/Q5v/4Mのスーパーメトロイドタイムアタック自己ベスト置き場

いきなり上位プレイヤーとして君臨したわけではありません。以下に投稿した履歴を記載しましたが、もっと古いデータもネット上に存在していました。

以下は、タイムレコードを更新~アップロードした時点で追記します。


title


Any%TA,RTA

アイテム回収率の制限無し

2015/07/18

2012/09/01

2011/07/26

2009/05/28

 


100%TA,RTA

アイテム回収率100%

2011/07/25

2010/03/22

 


14%TA,RTA

最低限アイテム回収率14%(制限有り)

2011/07/29

2010/07/20

 


3%(アイスビームルート)TA,RTA

最低限アイテム回収率3%(制限有り)

2015/08/03

 


 RBO%Reverse Boss Order]

ボス逆走撃破

2009/11/20

 


スポア・スポーン撃破RTA

2012/01/13

 


GTcode[Golden Torizo Debug Code

黄金鳥人像デバックコード:
黄金の歩く鳥人像部屋へゲートから進入中(黄金の歩く鳥人像部屋をロードする前)にコントローラーからデバックコードを押し続ける。
入力方法:
コントローラー初期設定「X Y B A」ボタンを押しながらゲートを進入(黄金の歩く鳥人像部屋のロードが完了)することにより、「スクリューアタック以外の装備・ミサイル100・スーパーミサイル20・パワーボム20・エネルギー700・リザーブタンク300」を一瞬で入手することが出来る

2011/03/10

 


スペースコロニー「脱出残り時間」競技

スペースコロニー脱出時に表示される時限爆弾を使ったタイムアタック。スペースコロニー脱出時の時限爆弾残り時間を計測する。

2015/05/25

2016/01/23

 


NBMB%No Boss Mini Boss]

※歩く鳥人像(ボムアイテム部屋)以外のボス・中ボスは全く倒さずに出来るだけアイテムを回収する。

2015/04/04 – 04/19(通しプレイ)

 


RBMBO% Reverse Boss Mini Boss Order]

ルート:
マザーブレイン > リドリー > 黄金鳥人像 > ドレイゴン > ボツーン > ファントゥーン > クロコマイアー > クレイド > スポア・スポーン > 歩く鳥人像

2016/01/06

 


Space Time Attack(スペースタイムアタック)

※GTcodeを発動する。glitchedビーム(マーダービームなど)を使ったゲート間の移動を行い、ツーリアン脱出ルートを逆送し、マザーブレイン撃破後の次の部屋「閉まるシャッター部屋」に侵入する。その後は通常通り脱出する。

2016/05/29(通しプレイ)

 

色々面白いことが続いたのでメモ

【色々その1】

ここ数日間は改造スーパーメトロイドWikiのIPSパッチについて考えていたが、それについて書き記して行く内に、ハックロム動画投稿の注意点に沿った内容にズレていった。

まず、ハックロムを動画に変換し投稿する一連の流れは以下の手順になる。

  • スーパーメトロイドカセットからゲームデータを吸出す
  • ハックロム差分データ(.IPS)を用意
  • IPS差分データを吸出したゲームにパッチする
  • 適当なエミュレータなどを使ってプレイ
  • 同時に録画
  • 録画データ編集
  • 録画データをアップロードできる形式に変換
  • ニコニコ動画・Youtubeなどにアップロード
  • 動画ページに解説を入れる
  • リンク網を繋ぐ

この内容には、違法になり得るグレーゾーンが存在し

  • スーパーメトロイドからゲームを吸い出す「SNES ROMデコーダー」が必要
  • ハックロムデータ(.smc)をダウンロードすると法律違反になるため、必ず制作者が用意したIPSパッチをダウンロードする
  • IPSパッチする(ただし、オリジナルROMサイズを超えるパッチは内容によっては黒になる)
  • SNESエミュレータ使用に関しては特に違法性はない
  • ニコニコ動画・Youtubeにアップロードする際は、説明内容に注意する
  • リンクを繋ぐ場合は、リンク網によっては表ざたになってしまうため、注意する

という具合にすり抜けていく。

まぁこのような事は今頃的な話だが、サイトに説明書きされていなかった理由から次のページを作成した。

このページが出来たことで、改造スーパーメトロイドWikiそのもののグレーな意識を強める結果に繋がっていくと思いたい。

 


【色々その2】

ふと、海外TAS動画を探していたところ、「スーパーメトロイド:マッピング100%TAS」ムービーを発見した。

最近スーパーメトロイドTAS制作は次の理由により、衰退していると思っていた。

  • TASVideosはSnes9x1.51-rrエミュレータ再現性の問題を注視し、非推奨にした
  • TASVideosが推奨するエミュレータはLsnesまたはBizHawkの2択
    • ※Lsnesは再現性が一番高いが重く非常に使いづらい
    • ※BizHawkはフレーム同期に関して不具合を持っている

しかし、BizHawkエミュレータのインターフェースは見やすく使いやすいお陰か、新しいサムスの挙動が発見されると、水面下で「BizHawkエミュレータを駆使したTAS」が制作されていたようだ。

上記URL先のTAS再生を行うためにBizHawk1.7.0エミュレータを入手しようとGoogle検索をかけたが、ダウンロードパッケージ類は一つもヒットしなかった。

始めに見つかったサイトが、BizHawkビルド前のデータ配布場所だった。このサイトは最新のバージョンがビルド前の状態で【Download ZIP】にて配布していたが、自分はコンパイル方法を調べることが面倒だったため、後にした。

次に発見(思い出した)したのが、「ダウンロードパッケージ類が一つもヒットしなかった理由」だった。

大分前に見た記事のため、頭の片隅に追いやられていた情報だった。

自分が欲しいバージョンはBizHawk – 1.7.0であり、このバージョンは保存されていなかったのだ。

振り出しに戻り、再びGoogle検索を始めるが一向にヒットしないまま時間だけが過ぎていったが、若干ながら、旧ミラーサイトのダウンロードファイル名に違いが現れていたため、その単語を片っ端に検索かけていった。

上記サイトページに辿りつき、なんとなく右上のGoogleカスタマイズに検索かけてみたところ

見事にそれらしきものにヒットしため、「BizHawk v1.7.0 – EmuCR」より、ミラーをダウンロードすることが出来た。

以上より、Submission #5110をムービーリプレイすることに成功した。

この時、「BizHawk各バージョンをバックアップしておかなければ、次のムービーリプレイ時に手間がかかる!」と心底思ってしまった。本当に面倒だった。

今現在、このムービーリプレイを動画に変換している作業中である。入力キーとゲーム内時間を編集し表示してから、1280×720解像度に変換し、Youtubeにアップロードする予定だ。

 

最近欲しいものがたくさんあって頭ぐるぐる回る

タイトルのとおり、欲しいものがたくさんあります。

よくホームセンターに行って商品を見ると、あれこれ使い方を考えてしまうタイプなのですが、自分は加えておかしな方向に考えてしまいます。この商品を改造してあの部品をくっ付けたら便利じゃないか?とか、このデジタルカメラがあれば、多少暗いところで撮影しても難しくないとか。このモニターがあれば色々時間節約できるようになるとか。。

まぁ、最近特に欲しい物の中でも、「買うだろう」という段階まで登りつめたのが、PC専用4kモニターです。


フリップスBDM4350UC/11 [42.51インチ ブラック/シルバー]

http://kakaku.com/item/K0000867165/

K0000867165.jpg


  • ゲームプレイ環境よりも、作業効率を高めたい
  • IPSパネル。TNやVA方式だと目が疲れる
  • 4k解像度のため、大型モニターで見やすい文字サイズをセーブしたい

ということで、実物を拝借しにヨドバシカメラ(秋葉原店)に行きました。

感想ですが、上記規格は展示していませんでした。4k規格40インチモニターが展示してあったため、それを周辺モニターと比較しながらじっくり弄ってみました

感想を言うと、「6万円4kモニターのVAパネルは画質がやや荒く、モニターに映るツールボックスや文字などはジャギーが目立つ。表計算ソフト(エクセル)を展開すると、セル枠のグレー色がまともに見えず、白っぽい印象」でした。最初はグラフィックボード側の設定が悪いのだと疑っていましたが、そうではなく、発色が悪いというだけのことでした。まさに安かろう悪かろうです。※昔の1200x1024px VA蛍光管モニターは、値段は7万円で高い物と感じさせましたが、値段相応に機能も充実していて、IPSモニター並みに綺麗に映りました。

安かろう悪かろうで言うなら、コストパフォーマンス面では大型4kモニターを10万円未満で実現しているため、良好と思いました。

しかし、EIZOの4kモニター(16万円)フリップス4kモニター(7万8千円)を比較するならば、フリップス4kモニターは全体的に目に悪い商品であると思います。現に今自分が使用している10年前のFUjiTSU 21インチCCFL(冷陰極管)モニターのほうが遥かに鮮明に表示していると感じます。

それを踏まえて4kモニターを購入しようと考えています。

で、4kモニターをすぐに使おうとするも、現在使用しているパソコンのビデオカード端子はMiniHDMIポートしか対応していません。Displayポート(Ver2.0)で接続しないと30Hz制限になるため、1秒間に24フレーム以上の動画を動かそうするならば、カクツキを感じてしまう状況で不快になります。

それらを改善するために、近いうちに、Displayポートが備わった新しいビデオカードを購入する予定ですが、中々候補が定まらない状況です。ただし、以下の3種までは絞りました

また、明白な目標を定めています。

  • 2016年3月頃、これからもオーバーワークが過酷になることを考慮し、自作PC分野で云う電気代を考慮しない自称「趣味の作業時間を節約するためのハイスペックPC」を組みました▼

IMG_3739.JPG
IMG_3742.JPG
IMG_3748.JPGIMG_3747.JPGIMG_3749.JPG

それでいて、4kモニターを購入し作業効率を上げ、もっと趣味の時間を圧縮しよう!っていう魂胆です。

だからこそモニター選びに失敗したくないと思っています。劣悪なモニターならば眼精疲労の原因になりますし、仕事にも支障をきたしますしね。

そういう意味合いで、環境選びは慎重に考えています。

Snes9xからLsnesエミュレータ移行の問題点

aa

スーパーメトロイドのSnes9xムービーリプレイファイルをLsnesエミュレーターに移行しようと準備を進めてきましたが、Lsnes仕様の問題が発生しました。

  • ムービーリプレイファイルを使って途中から再生(ムービーステートロード機能)することが可能
  • ムービーリプレイファイルは、ムービーリプレイで読み込むと、最初から再生される

という2点。

何が問題かというと、途中から再生するようにステートセーブしたムービーリプレイファイルを添付したとしても、それをムービーリプレイすると、ゲームの開始時点(CLEAR ROM)から再生されてしまうという点。

つまり、ルート模索したりテキトーにプレイしたムービーファイルを使ってステートセーブ地点までサムスを操作すると、次回ムービーリプレイした時、長々と意味のないテキトーにプレイした内容も再生される可能性があるってわけ。

例えば291000フレーム中、ラスト1000フレームのリプレイ内容見せるために、29万フレームものダラダラムービーリプレイ記録が残っていて、それを再生することが出来てしまう。。

それは自分としては出来れば避けたい行為のため、その解決策として100%アイテム回収済みLsnesムービーファイルを作成しようと考えている。そうすることで、そのムービーファイルを使ってサムスの挙動を作成したとして、うっかりムービーリプレイしたとしても、100%アイテム回収するムービーが始まるだけで済むからね。

まぁ、Snes9xはセーブファイル(srmファイル)があったからそんなこと無かったんだけどねぇ。。Lsnesはそこを省いちゃったからこんな面倒な事になってしまった(硬くなったと言うべきなのかな)。

 

 

ブログ1回目日だから自己紹介でも

どうも初めまして? えこ◆FTP/Q5v/4Mです。

自分は日記を書くことの習慣性が大の苦手なのですが、ツイッターで呟くよりもブログに残したほうが良い呟きならぬコメントなどがあったり無かったりするため、勢いで作ってしまいました。

ブログ課題内容は「ツイッターでつぶやくには勿体無いと判断した内容をブログに残す」です。

いつもはスーパーメトロイドWiki編集したり、その動画制作したり、ネタ画策したりといったメトロイド絡みの趣味で過ごしていますが、その内容のほとんどはツイッターで呟くには長文すぎるため、呟くのを止めていました。スーパーメトロイド挙動を解説するには面倒な内容のほとんどを動画化しているためか、最近のツイッターはどんどん使いづらくなる印象です。

 

まぁ、えこ◆FTP/Q5v/4Mのような人は、ホームページを立ち上げてはマイペースに色々やりくりしてやりがいを感じる古くさい人です。ただ、過去に複数回ホームページを制作してきましたが、閉じた理由は「ストレス」を感じたからでした。ストレスの中でも特に人間関係が一番の要因です。

ホームページを制作する一方、影で小馬鹿にする人を見かけたりすると、サイトを閉鎖しました。2chにスレッドとホームページアドレスを無断で貼られたまでは良かったのですが、アフェリエイトのまとめ管理人の自演と確定したため、サイトを急遽閉鎖しました(その後も復活させませんでした)。そのほか、変な奴にまとわり憑かれて疲れて閉鎖・過疎って閉鎖・不幸があって更新停止~重い腰を上げて閉鎖したりと色々ありました。

ただ、制作して積もった膨大なデータは思い出として外付けHDDに残しているため、必要あればすぐに再活できる状態です。

その中でも、スーパーメトロイドWiki編集は手軽さもあってか、編集合計時間を計算しても一番長続きしているジャンルだと思います。スーパーメトロイド自体、ゲームが発売された当初からカセットを所持して来ましたし、やりこみ具合も軽く2000時間を越えています。

長く続く理由は、タイムアタック・挙動研究・ハックロム制作・RTA(リアルタイムアタック)の馴れ合いなどが非常に影響したと思います。

現状は慢性でやっている面もありますが、研究が完了しないこともあってか、自分の中ではまだまだ終わらせることが出来ない状態です。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

以下、ブログ編集仕様(自分用メモ)

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

  • 右クリッププロパティーからコピーペースト可能
  • 文頭のスペースを入力すると、自動で削除される
  • リンク付きテキストをコピーして張り付けると、リンクも付いてくる
  • バックグラウンドでcodeもコピーされてしまうため、綺麗なcodeを作成する必要がある
  • script系のタグは使えない